カエル

カエル好きのあの人へ!キュートな本をプレゼント☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

田んぼや山間の池などでよく見かけるカエル。
日本では身近にカエルがいるので親近感を持っている人も多いのではないでしょうか。

もしもカエル好きな人が身近にいたら、これから挙げていくようなカエル本をプレゼントするときっと喜んでくれるはず!
あまりのキュートさにキュン死しちゃうかもしれません。

カエルは幸運の象徴ともいわれており、縁起物でもあります。
カエルブームを先取りする感じで、プレゼントしてみてはいかがでしょうか☆

Top Photo:The Eyes Have It! By howardignatius

Croak! 世界の不思議なカエル

カエル好きに特におすすめなのが「Croak! 世界の不思議なカエル」という本です。
世界のカエルをきれいなイラストにしている本で、そのイラストがとても繊細でユーモラスなのです。

著者の黒川宇吉氏がツイッターにアップしたカエルのイラストが発端で、人々の口コミで広がり人気に火が付き、最終的にはオールカラーの立派な本になったのです。
この本の一番の注目点はやはりリアルな描写のイラストのカエルたちです。

表紙はこんな感じ

x0303-2-1

by amazon

カエルオンリーでイラスト集となっているのが、珍しいですよね。
このイラストのカエルがまたかわいいのです。

絵本のように子供とイラストを眺めていって、書かれている形態や生態をやさしい言葉に置き換えてお話ししてあげるのもいいでしょう。

気になる中身は…

x0303-2-2

by amazon

カエルの姿はリアルなのに、鏡の前でポージングをとっているなど、擬人化したようなものになっています。
これはカエルの特徴をとらえたうえで、それを印象付けるようなストーリーを付加してイラストにしているからです。

x0303-2-3

by amazon

見開きの構成で、左に説明文、右にイラストというスタイルで続いていきます。
説明には形態、生態が書かれているのですが、イラストの方はその話を反映した演出を施されたものになっています。

また、蛇足という形でちらっと気になることも書かれているので見逃さないようにしたいですね。

世界のキレイでかわいいカエル

カエルの持つ独特な肌の質感などを見るのが好きな人には写真集となっている「世界のキレイでかわいいカエル」がいいでしょう。

表紙はこんな感じ

x0303-2-4

by amazon

とにかく珍しいカエルの姿を堪能したければこの本が一番でしょう!
これを見れば、世界にはいろんなカエルがいるなぁと感心しきりとなるはずです。

気になる中身は…

x0303-2-5

by amazon

日頃見ることのない珍しいカエルの姿が目白押しです。
それにしても色彩の鮮やかさに目を奪われますよね。

x0303-2-6

by amazon

キュートなまなざしのカエルにぞっこんです!
カエル好きにはツボとなることでしょう。

けろけろ―カエル・ポストカード

あまり大きな贈り物はしたくないという場合でしたら、「けろけろ―カエル・ポストカード」はいかがでしょうか。
15cmx11cmというコンパクトな本になっています。

手渡しするのにも困らない大きさですね。

第一弾、第二弾と続く人気シリーズ

x0303-2-7

by amazon

「けろけろ―カエル・ポストカード」の第一弾です。
ポストカードになっているのがいいですね。

大きく口を開けたカエルのユーモラスな一瞬をとらえた表紙がいいですよね。

 

x0303-2-8

by amazon

第二弾も出ている人気シリーズになっているのですね。
プチギフトにいかがでしょうか。

さいごに

カエル好きの人に、カエル本をプレゼントするというのはいかがでしたか?
どの本もいろんなカエルの種類が出てくるので、カエル好きには興味の尽きない内容になっていると思います。

 

gippyライター紹介

キュレーター/ライター 如月柊

「毎日を楽しく素晴らしい一日に」をモットーに、食やライフスタイルのライターとして執筆中。小さな幸せの積み重ねが人生の豊かさを作るということに気づき、人の縁、今という時間を大切にアンテナを伸ばしています。人と人とのコミュニケーションから、たくさんの幸せを生み出みだされることを願って、小さな幸せを一人でも多くの人に届けたいと思っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PICK UP

  1. x0402-4-00
  2. 家族
  3. ipad02 001
  4. JK92_coffe20150208114046_TP_V
  5. x0523-2-0

カテゴリー

スポンサーリンク
PAGE TOP