スポーツや仕事で水に触れる機会が多い女性にBaby-Gを贈ろう♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事やスポーツなどで水に接する機会の多い彼女にBaby-Gを贈るのはどうでしょうか?
Baby-Gとは、カシオのタフ腕時計Gショックのスモールバージョンです。

Gショックの特徴でもありますタフな構造はBaby-Gにも受け継がれています。
特に今回注目したいのは防水機能です。

Baby-Gならば少しくらい水しぶきを浴びてもへっちゃらです。
普通、水に強い腕時計と言えばダイバーズウォッチが思い浮かびますが、どうしてもダイバーズウォッチはゴツいデザインになって、女性にマッチしないことが多いですよね。

しかしBaby-Gならば、シンプルで小さいボディーになっているので、ダイバーズウォッチのようなゴツさはありません。
一見、普通の時計に見えますので、これ見よがしに目立つということもないのです。

これならば普段使いとしても合格ですよね!
いつも水に接する機会に腕時計を外して対応している彼女にBaby-Gをプレゼントすれば、そのわずらわしさから解放してあげることができますよ。

Top Photo:my wife’s watch By MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

清潔感のあるホワイトモデル「BGD-5000-7JF」

x1020-3-1

by amazon

10気圧以上の防水機能を備えたホワイトモデルの「BGD-5000-7JF」です。
なんとこんなにスマートなのに電波ソーラーモデルとなっています。

ソーラー充電ができるので、ちゃんと日光に当てていれば時を刻んでくれます。
また電波受信機能もあって、時刻の正確さも誇ります。

時間にシビアな仕事やスポーツに関係している場合は助かりますよね。
ワールドタイムにも対応しているので海外へとアクティブに飛び出す彼女にはピッタリです。

ポップなイメージの「BGA-131-7B3JF」

x1020-3-2

by amazon

Baby-Gとは思えないポップなデザインなのが「BGA-131-7B3JF」です。
カラフルな文字盤が印象的です。

もしかしたら誰もBaby-Gとは気が付かないかもしれませんね。
しかしBaby-Gのタフさはしっかりと受け継いでいるので、日常使いに安心して腕にはめておくことが出来ますよ。

ピンクが良ければ「BGA-131-4B3JF」

x1020-3-3

by amazon

Baby-Gのタフさとかわいさを足して2で割ったのが「BGA-131-4B3JF」となります。
ピンクになってしまうとガーリッシュな印象が強くなりますよね。

かわいさも諦めたくない彼女にはピッタリなモデルです。

少しクラシックな「BGA-1100GR-7BJF」

x1020-3-4

by amazon

クラシックなデザインになっているのが「BGA-1100GR-7BJF」です。
こんなに小さいのに世界6局の電波受信が可能なマルチバンド6にしっかり対応しています。

可憐なのに意外と世界を股にかけて活躍することが出来る腕時計になっています。
またタフソーラーも搭載しているので実用性も高いのが特徴です。

はっきりしたフェイスの「BGA-150EF-7BJF」

x1020-3-5

by amazon

レディースウオッチらしいフェイスを備えたBaby-Gとなっているのが「BGA-150EF-7BJF」です。
はっきりとしたフェイスが好感持てますよね。

こんなに清楚な感じなのに強い耐衝撃構造や10気圧以上の防水機能を備えているので驚きです。
これなら普段使いでも大丈夫ですね。

視認性の高さも自慢です。

Gショックらしい「BGD-1300-4JF」

x1020-3-6

by amazon

Gショックらしいフェイスを備えているのが「BGD-1300-4JF」になります。
タフソーラーや世界6局対応の電波受信機能などGショックと同等の機能を備えています。

もちろん耐衝撃構造や10気圧防水のタフさでラフに使っても平気です。

さいごに

スポーツや仕事で水に触れる機会が多い彼女にBaby-Gを贈るというのはいかがだったでしょうか?
タフな腕時計を相棒にしてもらってより活躍してもらいたいですよね!

 

gippyライター紹介

キュレーター/ライター 如月柊

「毎日を楽しく素晴らしい一日に」をモットーに、食やライフスタイルのライターとして執筆中。小さな幸せの積み重ねが人生の豊かさを作るということに気づき、人の縁、今という時間を大切にアンテナを伸ばしています。人と人とのコミュニケーションから、たくさんの幸せを生み出みだされることを願って、小さな幸せを一人でも多くの人に届けたいと思っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PICK UP

  1. カエル

カテゴリー

スポンサーリンク
PAGE TOP