夏の帰省でのお土産に持っていきたい!ブランド桃5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

桃というと昔の仏教画にも描かれていますよね。
中国で誕生して世界中へと広がっていった歴史を持っています。

今や日本でも桃は土地に根付いたくだものとなっています。
その濃い甘さが人々を虜にしていますよね。

濃厚でジューシーなその果実はまさにくだものの王様と言っても過言ではないでしょう。
みんなが好むのもうなずけます。

そんな桃は手土産に持っていくのにもピッタリです!
特に帰省で帰るときなど、みんなで食べてもらえるのでベターチョイスとなることでしょう。

現在、日本で流通している桃の品種は、白桃系と白鳳系に分けることができます。
さらにそこから品種改良が続けられて多くの品種が誕生しています。

ここでは手土産にふさわしい品種をあげていきますので参考になさってください。

Top Photo:Peaches By naotoj

甘みを期待するのなら「あかつき」

by amazon

あかつきは福島の桃の中でも代表格となるものです。
白鳳と白桃の交配によって生まれたあかつきは糖度が高いことが特徴です。

期待に応える甘さを提供してくれる点から万人に向く桃と言えるでしょう。
熟する前はなかなか皮を手でむくことができませんが、時が来て熟すと簡単に手でむけるように変貌します。

中身も黄金!「黄金桃」

by amazon 黄金桃は果肉が黄色いのが特徴です。
この果肉の黄色いものは黄桃と言って、基本的には果肉が固いと言われて缶詰などに使われます。

しかしこの黄金桃は従来の黄桃に比べてジューシーで甘くなっているのが特徴です。
缶詰ではなく生食向けの黄桃として黄金桃が存在しています。

ジューシーな食感「あら川の桃」

by amazon

和歌山県の有名なブランド桃があら川の桃です。
あら川の桃が生み出される桃山町の紀の川沿いには春になるといっせいに桃の花が咲くエリアがあります。

そこはまさしく桃源郷と呼べる場所で圧巻の光景が広がります。
花見などの観光の名所にもなっています。

そんな桃源郷で生まれるあら川の桃はジューシーな食感で支持を得ています。

硬めの果肉「川中島白桃」

by amazon

川中島白桃は他の桃と比べて遅めの時期に収穫されます。
帰省の時期が遅くなるようでしたら川中島白桃を選ぶのもありかもしれません。

表面の色が濃いのが特徴で、果肉は硬めとなっています。
しっかりした食感を味わうのでしたらこの桃がいいですよ。

歯ごたえも楽しめる「ワッサー」

by amazon

見た目は桃にしか見えなのですが、ネクタリンと掛け合わせた品種となるのがワッサーです。
ネクタリンは桃の変種で、桃ほどのジューシーな果肉は持っていないのが特徴です。

そんなネクタリンと掛け合わせたワッサーですから普通の桃とは一味違います。
中は硬めで歯ごたえを楽しむことができるものとなっています。

いつもの桃と少し食感が違うものを求めるのならこれがいいですよ。

さいごに

夏の帰省でのお土産に持っていきたいブランド桃を5つ取り上げてみました。
桃なら帰省したその日の夜のご飯の後のデザートとしてみんなにふるまうことができるので、親睦を深めるのにもいいですよね。

特に先方に子供がいる場合には桃は喜ばれるでしょう。
なんといっても子供たちは甘いものが大好きですからね。

ギフト用に箱詰めされている桃を選べば持っていくのも楽になると思いますよ。

gippyライター紹介

キュレーター/ライター 如月柊

「毎日を楽しく素晴らしい一日に」をモットーに、食やライフスタイルのライターとして執筆中。小さな幸せの積み重ねが人生の豊かさを作るということに気づき、人の縁、今という時間を大切にアンテナを伸ばしています。人と人とのコミュニケーションから、たくさんの幸せを生み出みだされることを願って、小さな幸せを一人でも多くの人に届けたいと思っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PICK UP

  1. マフラーを巻いた女の子
  2. 手をふる女の子

カテゴリー

スポンサーリンク
PAGE TOP